町会規約

町会規約

第 1 章      総   則

第1条   本会は中目黒八幡町会と称し事務所を中目黒3丁目4番9号に置く.

第2条   本会は中目黒3丁目及び1丁目、2丁目、4丁目の一部地区内にある世帯及び会社、工場、事務所の代表者を以て組織し、会員相互の親睦を図り、社会公共の福祉増進に寄与することを目的とする.

第3条   本会の運営上区域内を11ヶ所に分かち各部に若干の隣保班を置く.

第4条   本会の運営の経費は会員の適正なる負担とする.

第 2 章      事   業

第5条   本会は第2条の目的の為下記の事業を行なう.

1.社会福祉、公益、民生に関すること

2.保険衛生に関すること

3.防犯防火交通に関すること

4.祭典、慶弔に関すること

5.青少年児童福祉に関すること

6.文化の向上並びに婦人活動に関すること

7.町会財産の維持管理に関すること

8.其の他会員の吉凶禍福に関すること

第6条   本会は事業の推進処理をなす為下記の部門を設ける.

1.総務部     2.防犯部      3.保健衛生部      4.文化青少年部      5.祭典民生部

6.防火部     7.婦人部      8.財産管理部      9.レクリエーション部     10.交通整備部

(管理人注記:  現状、広報部が追加されている.防火防犯部と呼称されている.)

第 3 章       役   員

第7条   本会に下記の役員を置く.

1.会長  1名        2.副会長  3名        3.会計  2名        4.会計監査  3名

5.地区部長  11名        6.事業部長  10名       7.地区副部長  若干名

8.事業副部長  若干名        9.事業部委員  若干名        10.班長  若干名

第8条   本会に顧問、相談役を置くことを得.

第9条   会長は本会を代表し会務を統轄する.

2    副会長は会長を補佐し会長事故あるときはこれを代理す.

3    地区部長は部内を統制し副部長は部長を援け部長事故あるときは之を代理す.

4    事業部長は担当部門の執行に当り副部長は部長を援け部長事故あるときは之を代理す.

5    班長は班内の融和を図り会務の連絡遂行に協力する.

6    会計は収支を明らかにし会計年度終了後30日以内に決算書を作成し監査の審査を得て総会に提出する.会計監査は祭礼等の別途会計及び町会財産管理を監査し総会に報告するものとす.

7    顧問、相談役は会長の諮問に応ず.

第10条   会長、副会長、会計、会計監査、財産管理部長は総会に於て選出し地区部長及び副部長は部内班長の総意により選出す.事業部長及び副部長は会長之を委嘱す.事業部委員は事業部長の推薦に依り会長之を委嘱す.班長は班内会員の総意に依り選出する.顧問、相談役は役員会の推薦によって委嘱す.

第11条   役員の任期は総て2ヶ年とする.

第 4 章      会    議

第12条   本会の会議は下記の通りとする.

1. 定期総会・・・年1回5月中に開催す.

2. 総会に於ける決定承認事項・・・予算決定、決算承認、役員選出、規約変更、其の他重要事項.

3.臨時総会・・・会長必要と認めたとき又は会員の半数以上から会議案件を明示して総会招集の要求あったとき.

4.役員会・・・副部長以上を以て組織し年4回又は会長必要と認めたとき.

5.部長会議・・・部長以上を以て組織し必要に応じ会長招集する.

6.事業部委員会・・・必要に応じ部長招集する.

7.地区部会・・・必要に応じ部長招集する.

第13条   会議の議事は出席者の過半数を以て決する.

第14条   総会の招集は期日の7日前に議事を明示して会員に通知するものとする.

第  5  章       財   産  管  理

第15条   本会の財産管理をなす為財産管理部を置き下記の事項を掌理する.

1.建造物及び設備品の営繕整備に関すること

2.建造物、整備品の貸付、運営に関すること

3.財産台帳の整備、其の他町会財産保管に関すること

第  6  章         会       計

第16条   本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る.

第17条   多額の臨時支出を要する事業は総会に計り決定する.

第18条   本会は会費の適正を期するため会費査定委員会を設く.会費査定委員会は会長、副会長、会計、地区部長を以て構成し必要に応じ隔月1回及び随時開催する.

第  7  章         雑       則

第19条   本会の役員として5年以上勤続し退職したる場合及び一般会員にして町会事業に特に協力功労があった場合は感謝状並びに記念品を贈ることが出来る.

第20条   本会員は会の建物及び備品、財産を共有し規定に従い使用することが出来る.但し転出及び脱退したる場合は一切の権利を消滅する.

第21条   本会に下記の帳簿を備え会長の承認を得て閲覧に供することが出来る.

1.会員及役員名簿     2.会費徴収台帳      3.金銭出納簿

4.財産台帳      5.議事録

第22条   会員の慶弔及び災害見舞金に関する事竝に建物及び備品の使用規定は細則に定む.

 

   本則は昭和42年7月2日改正同日より実施す.但し第6、7条の事業部門に関する事項は役員改選後実施する.

 

細       則

1、会員の慶弔、災害に関する見舞金

1.香典

イ、会員(世帯主)死亡の場合      3,000円

ロ、会員の家族死亡の場合          1,000円

      但し満1歳未満の場合は贈らない.

ハ、役員死亡の場合に規定の香典の外に相当の金品を贈ることを得る.

ニ、役員の家族死亡の場合は規定の外に相当の金品を贈ることを得る.

2.災害見舞金

イ、会員に対して風、水、火災に依り非常なる被害を受けたる場合は3,000円以内を見舞金として贈ることを得.

附       則

町会員(役員)の諸行事の活動に対して一切の報酬は出してはいません.

すべてが、奉仕活動であります.

ご理解の程お願い致します.

Updated: 2014年6月29日 — 7:40 PM
中目黒八幡町会 © 2014 Frontier Theme